梅雨は明けたぜ!市民プールアクアブール多摩でウェイウェイしてきた話

プール
いや~~~~~~~~~、
夏だ
海だ

関東も先週末ようやく梅雨明けしたようですね。
とおもいきや、今日明日と小雨が降るようですが笑
もやもやしている女性

雨の時はお空も暗く割と涼しいですが、
雨上がりのあの湿気のもやもやはちょっと勘弁…ですよね!

そんななか多摩市にある、アクアブルー多摩という市民プールに行ってまいりました。
(本当は都内のホテル屋上のパリピなプールがよかったんですが、車で行くのが大変そうなのとなによりも高いので、総合的な判断により盲点であった市民プールへ!)


いざ

アクアブルー多摩って洒落乙だけど、どこにあるの?

アクアブルー多摩周辺地図

別名、多摩市立温水プールというそうです。

アクアブルー多摩なんて、とても市民プールとは思えん…
宮崎ブーゲンビリア空港並にしゃれた名前がつけられているんですね。

でも実際中の施設内容は市民プールの割に(ここ重要)素晴らしく、快適でしたよ♪

料金と営業時間

(※2016/8現在)
大人:610円
子ども:300円
シニア:300円
(※夏期以外は2時間を超えると、超過料金が必要。1時間に付き大人300円子ども150円シニア150円、
 ※夏期適用期間は、6月から海の日までの日祝日及び海の日から8月31日までとなります)
別途駐車場代:300円/4時間

詳細な営業時間・休館日はこちらでCHECK

先日は夏期適用期間だったので、2時間しか遊べないのか~と思いちょっとへこんでいましたが、
自分の体力なめてました。
25にもなると2時間もありゃシャワーあびて。着替えまで終わりますよ笑

ちなみに自動券売機で支払いをし、カードが出てくるので
そのカードを使って新幹線の改札のように入場します。
そのカードは更衣室内のロッカーでも使用しますが、使い方が少しややこしいので注意…TT

ちょっとDEEPな話

  • ちょっと小汚いのは市民プールなので覚悟していた(失礼)が、更衣室内も常にスタッフの方が髪の毛掃除などをされていて、清潔だった
  • 平日の夜間19時以降にいったが、スライダーも4回のれてENJOYできた。がら空きなんだもん
  • スライダーは2種類 青と緑があるが、30分交代での運営となるためちゃんと両方楽しめるようになっている
  • 流れるプール?もどきがあるが、水深0.8mのためちょっと大人には…頑張って楽しもうと思ったら浮き輪を持参するか現地の売店で購入するとよいです
  • ちなみに大人ががっつり泳ごうと思えば50mプールのほうを使用することになる。水泳帽必須
  • 安全管理のために休憩を強制的にとるが、サウナ完備のためそこで汗を流そう!

いや~書き出してみても、本当に特に不満点はなく
コストパフォーマンスは最高だと思います。
カップルでも楽しめるかと思いますが。やはり家族連れには最適でしょうね。
なにより安くて、多摩なので車で行きやすく、スライダーが別料金なしでウェイウェイできる!
(ちなみに身長制限120cmのようなのでそこだけ注意お願いします。)

今回私たちは、タイムズカーシェアの
アーリーナイトパックを使用していきました!^^
駐車場でおなじみのタイムズカープラス
参照:[便利・節約]まるでマイカー!タイムズのカーシェアがおトクすぎる

いつもショートパックを使うことが多いのですが、ショートパックはもろに使用した時間に対して利用料金が加算されるので、プールを目いっぱい2時間楽しんじゃったらもったいないんじゃないか、と思いまして!

実際
4時間半借りましたが、ショートとパックを比較してみると。

ショート…216*18=3888円
パック…2060+距離料金(16円×56km)=2956円

なんと…今の今まで半信半疑でしたが…パックすごい安い…

タイムズは夜間ユーザーにやさしいので有名です。
わたしも実感しましたのでもう絶賛おすすめいたします!

タイムズカーシェアの登録がまだの方は、ぜひ夏休みのこの機会に♪
キャンペーンで基本料金が無料で2か月おためしができるので、
とりあえずこの夏のレジャーに備えて登録だけしてみるのもおすすめです!
入会方法はネット、対人、クイック入会、郵送があります♪

しかも今ならなんと

紹介者コードの欄に「 0010-711398 」
をご入力いただければ、あなたもわたしもHAPPYなカーシェアで使える60分チケット(864円相当)がもらえます♡

タイムズナイトパックの利用料金

はぁ~夏本番ですね。
いまから想像するだけでわくわくです!

投稿者: ネコウマ

都内のIT会社に勤めるOLです。 2017年には仕事をやめて起業するという夢があります。 貯金をしながらゆるく生きる'てげてげ'な生活に憧れつつ、激動の時代を生きています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です